スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最後の学祭 

bonf.jpg
学生生活最後の前夜祭に行ってきました。
在学中、ほとんど興味を示さなかったというのにね。「最後」って言葉に踊らされる、そんな私。

ゼミが同じの中国からの院留学生の友人は、前夜祭というものに感動してました。そして相撲部のまわし一本での開脚ダンスに全身で拒否反応を示しておりました。私は相撲部男子が細いことに衝撃を受けていました(そこなんだ)。もっと食べなさい・・・!!!勝ちたいんやろ・・・星とりたいんやろ・・・!!
がっつり昭和な感じの応援団とか、くま●寮の赤い旗の人たちとか、相変わらずですね。
今年の学祭スローガンは、「失った常識のかわりに」。
去年の「単位よりも大切な何かを求めて」や、その前の暫定テーマの「超意欲的NEET」に比べたらインパクト薄いしつまんね!と思いますが、その感覚がもう常識失ってる証拠なんですかね。なんですね。東京の友人たちの反応で悟りましたとも
あーなんか好きだなこの学校!いや別に酔ってないよ!!!酔ってないけどすがすがしい気持ち悪さというか変態くささというか、あるよねそういうの・・この学校・・・いや褒めてるんですよ。


そんな中、わたしは酒に酔いました。
うちの大学の前夜祭には、「教員酒場」というものがあります。
教員がタダで日本酒をふるまってくれるという、その名の通りうちの大学らしい素敵空間なんですが、
毎年この教員酒場の周辺には酔っ払いがたくさん生み落とされます。学校の構内で。素敵すぎるでしょう。
私も、わけあっての連日の徹夜+日中のバイトで体力が限界に近かったのと、教員が配る日本酒が思ってたより強かったので、結構足に来て・・・とか言いつつ三杯も飲んでたらそりゃくるわって話ですけど・・・教員に「自分強いなぁ」言われましたからね。はい、よく言われます!!!!
寒い中、時間気にせずお酒飲んでほわほわへらへらと笑ってる夜ってのが、まぁね、学生特有ですよね。
ちょっと人より長く楽しませてもらった学生生活だったけど、いよいよ終わりにさしかかってんだな、と、ボンファイアー見ながら哀愁に浸りかけたんですが
友人がべろべろに酔っぱらっててそんなに浸りきれませんでした。酒は飲んでも飲まれるな



余談ですが、日本酒がわかるようになりたい今日この頃です。
ワインとかビールとか洋酒ばっかで、焼酎とか日本酒とかわからず。
でもゼミの教授との会話で、海外の方と接することが多くなるなら、自分の国で作られる酒薦められるようにしとかないとね、みたいな事を言われ、ごもっともです!となりました。
来月もシンガポールに行くんですが、その時に友人のお宅にお世話になる予定なので、なんか持ってかないとなー・・・
誰か、私よりも酒が強い自信のある人、私の日本酒トレーニングに付き合ってくれないかしらん。



=======================
来月の予定がなんとなく決まりまして
17日夜    シンガポール着
21日夕方  シンガポール発 
同日 夜   バンコク着




1月9日 ホーチミン発 

となる予定です。
バンコクからは、陸路でラオス→カンボジア→ベトナム(ホーチミンのみ)となります。
まぁ、陸路の混み具合とかね、いろんな遅延とかね(3時間電車・バスが来ないのは当たり前と見積もった方がよい)、予想外なつまらなさとか面白さとかね、そういう、予定には組み込めないものがたくさんあるので、詳細は決めてません。気ままに行きます。
ただ陸路で入るときの面倒事は避けるため、大使館でカンボジアのビザだけはとって行こうかなとは思います。飛行機なら空港で買えるんだけどねー・・わいろの交渉すんのめんどいんだよ国境で・・・ちゃんと給料もらって働いてる人たちと賄賂交渉するのあんま好きじゃないもんで。
でカンボジア大使館に、木曜朝(東京に一時的な用事でかえる日)に申請したらいつとりにいける?って電話したらがっつり昼休み中で電話つながりませんでした。ひるやすみとかあるんだ・・・・!!!
あとで折り返し電話したら、次の日にはとれるとのことでした。



いまんとこ懸念事項は、往復便が北京経由のトランジット便だということ。
買ったときは思いが及ばなかったんですが、北京とか・・・雪で・・よく飛行機止まってるよね・・・?大丈夫かなー・・もう今月のはじめで、雪で11時間とか遅れてますからからね。雪での飛行機の遅れとか、自然災害のようで人災の部分も多いとは思いますが・・・こりゃベトナムで帰国便を早めることになるかもしれないなぁ。
授業の事さえなければ、別に空港で泊るぐらいなんでもないです。時間さえ許せば本とコーヒーさえありゃ比較的どこでも生きていけるよ私は(結構贅沢な要求だといま書いてておもいました)
うー二日以上止まることはない・・と信じたい。
ま、
旅って、時間の制約があるから、帰る場所があるから、旅でありえるもんですから。その辺は割り切って、楽しめる余裕をもつしかないな。本は余分に持っていこう。
旅行のプランを立てる楽しみの中には、持っていく本選びの楽しみも入っています。
スポンサーサイト

[2009/11/22 00:34] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mapormirror.blog23.fc2.com/tb.php/69-da2a8cb8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。