スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

MJ 

芸能ニュースについて書くのはあんま好きじゃないんだけど、
マイケルジャクソンへの追悼がFaceBook中のステータスをジャックしてるので、
私も普段別にファンでも何でもないのに、雰囲気と波にのってMJの事をいろいろと思いだしてみました。
ただ別にファンじゃないから、スリラーとムーンウォークとか整形とか遊園地まがいの自宅だとか、そういう断片的な知識しか出てこず。・・・ファンじゃない人間の頭にこんなどうでもいい情報をこびりつかせるだなんて、メディアの威力すごいねぇ。あー話がそれる



私の中で、MJといえばこの曲!っていうのがあることを思い出したんだけど
その曲ってのが、スリラーでもBadでもなく、{heal the world}。
イギリス時代のことを思い出すと、必ず脳内BGMの一曲として浮かぶ曲なんです。

ようつべですがこんな曲です→http://www.youtube.com/watch?v=N2HHdkeOxhg
好きな動画です。



がきんちょの頃、イギリスに住んでたんですが、そのころちょうどボスニア紛争とかアフリカの飢餓とかが問題になっててね。
キリスト教の学校だったからかそれともお国柄的なのか、学校で、小学生相手の授業で結構そういう話をしてました。
加えて私の記憶が確かなら、うちの父が結構ボスニアの話とかをしてくれる人で。深い意味はなかったのかもしれないけど、
自分と違う姿形をして自分と違う言語をしゃべる異星人みたいな人たちに囲まれて、「自分の世界」以外にも世界があるって現実を突き付けられてた子供としては、そんな話も非常に大きな情報として、心に残ったみたいです。
娘は歳をとると父親とガチで話をしなくなるので、世界情勢への内心のつぶやきをもらす父の姿は、仕事とゴルフと母以外に興味がなさそうな父の姿とはあんま結びつかず、「記憶のねつ造じゃねぇのん」と弟とへらへら笑ったりとかしてたんですが
今の父は私たちの側が変えてしまったのかもしれないなぁともちらっと思ったり。誰のために仕事してんだっつのなぁ。そりゃ娘があんだけ反抗期きつけりゃ国際情勢どころか天気の話もしたくなくなるわ
っていかんまた話がそれた


で、そうそう、そういう、自分以外の人が「外」にいて、自分の同じぐらいの歳の子が、ごはん食べらんなかったり家がなかったりするんだ?なんで?
小学生の頭でどこまで理解してたかといえば、勿論感情論的な範囲の話でしかなかったんだろうけど、
だからこそ、ラジオでMJのHeal the Worldを聞いた時は、素直にすっと、感動したんだと思います。
英語覚えたての子供の頭で、やっと理解できるシンプルな歌詞。繰り返し繰り返し歌われるフレーズ。
世界をもっといいところにしようよ、君と僕と、他のみんなのために。知らないところで死んでる人がいるんだ、もし生きる人々を大切に想うなら、世界をもっともっといいところにしようよ。君と僕のために。・・・と歌う歌。
ストレートな感情の歌で、おとなになって聞くと「わかる、でもね」となんとなく素直に言葉通り受け取れないこともありそうだけど
子供のときに聞いたからこそ、歌詞の言葉ひとつひとつを、言葉通りに吸収することができたのかもしれない。



Heal The World
Make It A Better Place
For You And For Me
And The Entire Human Race
There Are People Dying
If You Care Enough
For The Living
Make A Better Place
For You And For Me

And The Dream We Were
Conceived In
Will Reveal A Joyful Face
And The World We
Once Believed In
Will Shine Again In Grace
Then Why Do We Keep
Strangling Life
Wound This Earth
Crucify Its Soul
Though It's Plain To See
This World Is Heavenly
Be God's Glow

We Could Fly So High
Let Our Spirits Never Die
In My Heart
I Feel You Are All
My Brothers
Create A World With
No Fear
Together We'll Cry
Happy Tears
See The Nations Turn
Their Swords
Into Plowshares

We Could Really Get There
If You Cared Enough
For The Living
Make A Little Space
To Make A Better Place...



。。。。MJはスキャンダル多き人だったので、あんな事やそんな噂やあんな疑惑があるやつが、こんなきれいな歌歌っても興ざめだわ!とかいう人もいそうだけど
歌手と歌はね。別もんよね。
この歌が頭の中に大事な「考え方」として定着したからといって、その後劇的にMJのファンになるとかは全然なく、むしろこの歌の他にはスリラーぐらいしか知らないんですが
歌を残してくれてありがとうという思いはある。
だから結局、追悼に落ち着くんですかね。みんな、そんな感じなんだろうか。どこかでやっぱり、彼の歌から想う事が、あったんだろうか。





世界を、BETTERに。比較級。
今日と比べて、明日をよりよい日に。
君と僕と、それから世界のために・・・だんだんできることを広げていけよ。てね。
what can i do to make things better for our world??
who can i help and where should i go?
What exactly is a BETTER world?
子供時代の問いに、素直に疑問に思ったようなこと。それらに答えるための、おとなの日々なのかな。って、最近思う。


で、その為に私がいま何をやってるかというと
見事に何もしてないことに今ちょっと頭がくらっとした。ふ・・・はは・・・いつまで「就職決まって糸がきれたタコになってます」の言い訳が通用すると思ってんだこのド低脳が(わかる人にはわかるネタ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分の経験と思考の間の因果関係は、なかなか自分の主観を離れて構築されることがないから、これもこじつけかもしれないんだけど。
就職活動時期に非常に思ったこととしては、
子供時代の刷り込みは、非常にわたしの人格形成に影響したんじゃないかん。ということです。
「ノブリスオブリジュ」の考え方には賛否両論あって、実際その主張には傲慢さも垣間見れますが、
単純に、何かをできる者が、それを必要としてるけれどそのために動けない者のために動く。
そう考えると、アリじゃないかな、とも、わたしは思う派。




相変わらずまとまりはないですね。まぁ、夜だからね。
なんなんだろ、色々と書くことはあるんだろうけど、夜に書き始めると、思考が過去の分析によりがちだよ。生産的じゃないなぁ。
私は自己完結的なけがあって、思考がなかなか自分の輪郭の外に出ていかない。自分で納得すればそれでいいと思ってるところがある。観念的な人間に多いことみたいですけど。
でも、人を巻き込まないと何もなせないし、その為にはヴィジョンを共有する必要がある。ってことはインドでいちばん学んだこと。
この場は、自分の思ったことをアウトプットするいい場所で、その訓練のためにやってるようなもんだけど、
非生産的なうえに結局あんまり口に出しては言えてないってのがなぁ。問題だなぁ。




======================================
それはそうと
夏がはじまりました。京都は猛暑を予感させる暑さです。
なのに夏休みの予定がまだいっっっっさいきまっていない。あっはっは。どーすんだ。
てかもう六月も終わりということ自体に、戦慄が走りましたよ。え・・・・2009年半年逝った!?もう逝った!?みたいな。あれ、インドまるまる一年前・・・・!?みたいな。
そりゃ就職活動で得るものは多かったし、だいぶ成長したなと偉そうに半年前の自分を見下す権利も得たと思うけど
それでもやっぱり、早かったと思ってしまう。時間の流れが。
社会人になったら、もっと速くなるんだろうか。それもまた一興ですよ、とたくましく笑いながら遠い目してくれるかっこいい社会人の意見が聞きたい。ギブミー夢!!!!
意外と京都在住の知り合いの社会人さん多いんだけど(五年生だからねーorz)、夏休みっていう概念を振りかざして「会いたいです」とか言うと睨まれそうじゃないか。でもたぶん言う。
スポンサーサイト

[2009/06/27 01:21] 未分類 | TB(0) | CM(4)

確かに速くなりました。一興かどうかは別問題ですが。
会いたいと言われても誰も睨まないとは思います(笑)少なくとも僕は。
[2009/06/28 10:36] とくだ [ 編集 ]

!!
わたしもMJと言えばHeal the World!
中学の英語の先生に教えてもらって、一生懸命和訳して感動した覚えがあるよー

"人を巻き込まないと何もなせないし、その為にはヴィジョンを共有する必要がある"
分かってるんだけれど、私も苦手…この頭のごちゃごちゃを誰かがまとめて文章化してくれたらいいのにーーというぐうたら。笑
[2009/06/28 16:08] SHOKO [ 編集 ]

昨日、同期と追悼カラオケに行ってまいりました。

Thriller にはじまり Heal The World に終わる。

う~ん、でもやっぱMJの歌は難易度が高いです。
[2009/06/28 23:08] 彩野 司 [ 編集 ]

>とくださん
そんな心の広い徳田さんには言葉の責任をもって、テストあけにはぜひスケジュールあけてもらいたいと思います!!この前F君もとくださんに会いたいって言ってましたよ。
また近々メールさせてください。ひらおさんとかもまだ京都なんですよね・・・?京都なのに会えてない人多いなぁ・・・


>SHOKO
いろんなものにintroduceしてくれる先生で素敵じゃないか :)

人に共感するのは簡単でも、人の共感を呼ぶのはほんと難しいよね。いろんな能力がたくさん必要になってくるし・・・今年いっぱいは自己満全開で視点広げようと思ってるけど、社会人になったらいろいろと苦労しそうだ笑。
でもしょーちゃんの視点、ブログでよんでていつも共感してるよ私は ひひ:)


>彩野君
彩野君が「フゥ!」とか言ってるのが見れなくて残念です笑。Heal the Worldはシメだね!!
てか夏東京帰ってくるとか書いてたよね?私もテスト終わったら、内定先の健康診断で八月に東京帰るんだ・・・りゅうたちも誘って、一度集まろう!・・・とりゅうに企画してもらおうよ(他力本願


[2009/07/01 17:55] AZ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mapormirror.blog23.fc2.com/tb.php/64-25e6145c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。