スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ムンバイに思いを 

以下、疲れた頭でかいてるので、すこぶるまとまりないです。
むずかしい話は期待しないでください。むずかしい話は本読めばいいからね。
あくまでここは、虫の視点で。

===============
n640365064_4999361_2828.jpg


ムンバイのテロ事件。
インドで知り合った友人に、ムンバイやデリーを行ったりきたりするビジネスマンが何人かいたので、その安否と事の行方を非常に心配しながら、日々のニュースを追ってました。
と同時に
インド人の今回のテロへの反応に、ちょっと・・・不安も覚えました。FACEBOOKでの発言とか、本人を知ってる分おおおおおと思うことが。。。
イスラム教への憎悪の連発。「テロリスト」ではなくてイスラム教への言葉。悲しみを超えて怒りが見える。

外国人を狙ったテロって日本では報道されてるけど、インドでの人たちの間では、あんまりそこは重要視されてないようで。
個人的には治安当局何やってんのって思う方が先なんだけど(今年始めの西部連続テロとか、警察馬鹿にされてるの丸見えだったし、実際あっち行って思ったけど治安守る気ないんじゃないかと思えるような警察だったりします。テロ後も。)、そこもあまり今は議論になってないみたいね、民衆の間では。


「イスラム過激派の犯行」っていう事実が、日本では考えられないような憎悪を呼ぶ国です、あそこは。
よく、インドは多宗教が共存してる、寛容の国だ・・・って言う人がいて、実際にインドの人たちも、そのことを誇りのように口にすることが多い。日常の上ではあからさまな対立とかは、あまりない。
でもやっぱり、生活とかを見ていると、イスラム教徒の人たちの方が、ヒンズー教徒の貧しい層よりも厳しい経済生活を送っていたり。プンジャービーとかキリスト教の富裕層はいても、イスラム教はなかなかいない。でもスラムの中は、イスラム教徒が相当多いです。
ヒンズー教の人たちのちょっとした会話の端々から、イスラム教徒への反感が垣間見えたりは、日常だったし。イスラム教徒の人たちは、そこまであからさまにヒンズー教を嫌悪はしないけれども、どこか迫害されてる意識があるのは、これまた会話から推察できました。
パキに近い地域の出身の子が、そのての話題にすごく敏感に反応するのも見て、驚きもしたし・・・「俺はイスラムじゃねぇ」みたいな。聞いてないのに。


ヒンズー教って、本来はすごく寛容な宗教なんですよね。神様はたくさんいて、異教徒の神も神は神・・・みたいな。結局は自分とこの宗教の中に他のものを内包して見てるわけだけど、それでインドは今もいろんな宗教がありえるわけで。
イスラム教の方も、本来なら攻撃性とは無縁の宗教です。モロッコの友人に色々話を聞いて、いまだにちょっとわかってない部分もあるんだけどね。
あっちにいる間、夜がひたすら暇だったから、宗教書とかも読み漁ってたんだけど、読めば読むほど「じゃあなんでこう衝突ばっかするんだ・・・」と空虚感が・・・・
宗教はそれ自体は完璧なんだけどね。高潔で。
それ壊すのって、人なんだよね結局ね。
歴史ってのはあくまでも解釈の産物じゃないかと私は思ってます。すべて事実だとしても、事実の取捨選択と因果関係とか、前編にわたって語り手の手が働く。その紡ぐ物語が、真実として語られると、どこかで齟齬は起きるもんなんでしょうか。



長い歴史と、今の社会の構造。
いろんな要素が入り組んで、宗教は本来の枠を超えて他の宗教とぶつかる姿勢をとっていくんだということが、日本にいるとあまり実感としてわかない。
新興宗教がらみの危ない事件はあっても、「普通じゃない人たち」がやったこととして認識されがちだし・・・・多くの生活者が宗教を理由に憎みあう構図、飲み込めても理解はできない。
だからインドにいて「お前はどう思う」といわれても、「みんな仲良くできるように話し合いましょう」とかいうどこの鼻につく優等生だお前は・・・みたいな意見になってしまってました。
そういう意味で私は完全なるよそ者だったから、それを逆手にとって、思う存分両方の話も聞けたんだけど
「自分だったらどうか」が具体的に想像できないあたりが致命傷だと思う。
客観視できないってのは問題だけど、主観もってないってのも結構問題だと思った。



まぁ勿論、根底には、社会環境の是正とか政府の対応不足とか大きい問題もあるんだけど・・・・インドの人にとって、政治はすごく遠いものなんだって、あっちいるとき痛感したんだよね。
日本の若い人も大概政治に興味ないと思ってたけど、インドも似たようなもんだった。ただ日本と違って、政府=腐敗っていう構図が浸透しすぎてるからのように感じた。
でも、ここでやっと、学生中心に政府批判もあがってるらしい。
政府が政策実行したからといって解決する種の問題じゃないですが
せめてその姿勢は見せようよ。とおもっちゃうよ、やっぱりね。
今後に期待。



もちろん
言ってしまえば、上のたわごと全部、私の経験(人との対話)の中から生まれた言葉で。
個人的経験の限界があるから、上がインドの真実だとは、勿論いえません。そこはご了承ください。インドは本当に広くて、私が知ってるのがごく一部。どの階層・宗教も網羅した人たちに話はきいたけれども、現実は複雑で多様ですから。
=================================================================

インドは国境沿いに数多くの問題をはらむ国。
東のダージリン、北のカシミール、西のパキ国境、そして全土のイスラム過激派・・・エトセトラ。
穏やかそうに過ごすおっちゃんらや、にこやかに過ごしてるおばちゃん、有能なビジネスマンたちに商売に大忙しな露天のおっさんたち見てると、なんだか遠いことのように思えるんだけどね。
ターゲットが外国人であっても、また内部の亀裂が明確になるのかと思うと、ちょっと、というかかなり、哀しいです。
m29_17179857.jpg
子供たちがこの先、安心して暮らせる国になってほしいです。



ほんとまとまりも知性も感じられない文章ですが
真剣にへこんでます。はぁ。
スポンサーサイト

[2008/11/29 19:23] IN KOLKATA | TB(0) | CM(1)

こんにちは

応援、ポチ、ポチ。頑張って下さい!!!また来ますね!!!遊びに来てください!!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mapormirror.blog23.fc2.com/tb.php/50-9abe6fbb


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。