スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

せせらぎ君 

突然ですが、私いま、息きれております
心拍数もたぶんはんぱないです、「たぶん」っていうのは心拍数どうやって数えるのか忘れたからです

それというのも
実家に出た「せせらぎ」君を退治してたからですね。
孤独に、勇猛果敢に。いろんな意味でもうだめかと思ったぜ



なに?せせらぎ君を知らない?
そんなあなたは伊坂幸太郎の「魔王」を読んでください。2時間ぐらいで読める割には結構面白いから。
せせらぎ君とは、あの黒光りするすばやいやつのことです。日本人がもっとも恐れる虫ナンバーワンの。デスノートが手に入ったら真っ先に誰を殺す?っていう馬鹿な質問を塾の生徒から聞かれるたびに「誰っていうかまずあの虫一匹残らず」って答えてたあの虫のことですよあの虫。
「魔王」で登場人物の弟が、「ゴ○ブリ」っていう名前がきもいから「○キブリ」はあんなに特別に嫌われるし特別きもいんだ、よって今日から「ゴキ○リ」はもっとさわやかな「せせらぎ」とか呼ぶべきだと言い出すわけですよ。
「よしその案のった!それでたつ鳥肌が減るのなら!」と思って積極的にゴキブ○って名前を使わないようにしたけど
まっっっったく効果なかったね!!!!さわやかなほどに!!!やっぱりきもいもんはきもいね!!手震えたわ。
実家で見たのは初めてでした。私の管理の問題なんですか。そうなんですか。でも下宿でも出したことないんだけどな・・・







海外インターンにいくにあたって、何が一番心配だったかといえば、虫のことでした。
この甘ちゃん野郎が・・と思われるかもしれませんが、いやいや、必要があれば比較的どこでも生活はできると、そういう自信はあります。
猛暑も嫌いだし風呂なしで数日生きるのも嫌いだし生ごみの匂いも嫌いだけども、嫌いってだけで耐えようと思えば耐えられます。その程度です。
でも
生理的に嫌いなものは、どう訓練しようが克服できないようで。というか訓練しようと試みること自体がもう失神もので。
日本の部屋にでるあの小さい小さいクモでさえ、視界の端に写ったとたんに絶叫するやつですよ私は。



インドやアフリカに行った先輩から「まぁゴキ○リはありんこと同じくらいに出るよね」とか「ゴキブ○こわくちゃインターンなんか行けないよ」とかさわやかな脅しをいただいてたからなおさら、
インド行きが決定して、しかも行き先があの悪名高きカオスの街コルカタだってなったときに、ちょっとこれ私大丈夫かな・・・と心配になったのは、正直な話です。
そりゃまぁ他にも力量的な心配事はあったけれども、そういうのはまた質が違うものってことで。


結果論としては、まぁなんとかなってたんですよ。インドでは。
お世辞にもきれいなトレイニーハウスではないしね、インドだしね、そりゃ何回か出たけどね。でっかいのが。「またいる・・・・ギャリーのアホが食べかす掃除しないから・・・・!」とギャリーに罪悪感を着せて死体処理させたりとかはしたけども :P 料理するとてきめんでした。
最初の何度かこそ絶叫して駆除に一時間近くかかってたけど(人生において自分で退治した記憶が一回しかございませんでした)最後の方じゃかなり手際よくなったんじゃないかと。


せせらぎ以外でいえば、蟻も食べたしね。
dk2.jpg

ギャリー氏特製、「米を外に放置してたら蟻がたかっちゃったけど捨てるの勿体ないからプロテインたっぷりとか言って食べちゃおうチャーハン」でーす
見てこの遠慮せずにさぁ食えよみたいな顔↓
dk3.jpg

いやいやいやいやくえよじゃねぇよ!!!!日本人はイナゴは食っても蟻はくわねぇ!!!!そして私はいなごもくわねぇ!!!
・・・という叫びよりも三倍ぐらい過激な毒吐きはしましたが(愛ゆえにです、愛ゆえに)
スラムで大事に大事に食事を取ってる人たちを自然と思う環境にあるから、「もったいないから食うか」という話に、結構簡単になるもんです。
かなり極端な、必要外の努力の話になったなこれ。。。。。でもまぁ、そんな感じで。
「なんでもあり!もうなんでもあり!」という精神になれたら、もうあなたのもんです。みたいなね。
ただ単に私が軟弱すぎて初期HPが低すぎるって話でもあるか。いやほんと、見た目ほど大味じゃないんですよ私は。自分でいうと説得力ゼロだけども。


海外研修に行くにあたって不安なことってたくさんあると思うんだけども
大体の場合、現地について、仕事や人間関係含めた、その場所の空気に飲まれればなんとかなるもんだと。思います。
どうにもならん疫病や災害、巻き込まれ型犯罪・事件を除けば
人間の許容範囲って以外と広いもんだと。ね。







とかいっといて
インドで克服したようにみせかけて、やっぱり私の虫嫌いは治っちゃいなかった。上の話の流れぶち壊すようでなんですが。
きらいなもんはきらいです。



同居人デニースは「虫は間のようにうそつかないし騙しもしないから善良だよ・・・」とかインド生活初期に見られる人間不信病的な発言をしてましたが(視線が悟りひらいてた)
いやいや、せせらぎ君はこざかしいほど人なめてるからね。
そろそろ私もせせらぎ君の死体を処理するという現実に戻らなければならないね・・・現実逃避でインドに意識を飛ばしていたのよ・・・・
良かった明日がごみの日で。
スポンサーサイト

[2008/09/25 09:30] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mapormirror.blog23.fc2.com/tb.php/43-4f346116


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。