スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コルカタの水 




東京は寒いわ雨続きだわで、ぜんぜん八月って感じがしなくて拍子抜け。
四ヶ月冷房なしで暑さに晒されて過ごしてたあずささんは、早速風邪をひきましたorz嗚呼・・・・基本的に免疫力はアップしてないんですね・・・喉が痛い・・・・



雨といえば、コルカタのモンスーンです。私がいた時期ってのはモンスーンがクリーンヒットな時期でした。
コルカタにまだ滞在してるインターンの友達と話してたんですが、もう完全にモンスーンは終わったよ~といわれました。まだたまに雨は降るものの、あの空が割れんばかりの雷とともに地上にたたきつけられる雨の波は、もうないようです。その代わり蚊がアホほど発生して軽い暴力レベルだそうです。かわいそうに・・・orz
湿気はまだまだ続くでしょうが、あとは年末に向かってどんどんと過ごしやすくなってくんでしょうね。




インドの北東部に位置するコルカタは、モンスーンの影響をもろに受けます。ご近所山岳部のダージリンとかよりは雨量は少ないものの、一気に大量に降る雨を処理できるほど都市の構造がしっかりしてないので・・・・下水口は少ないしすぐに詰まる(ごみ多すぎだし未完工事だらけで土砂が流れる)。
結果、そこここで洪水が発生します。
洪水・・・・っていうとなんかすごいものを想像しがちですが、monsoon2.jpg
まぁ水位はこのレベルです。死者が出るようなもんじゃないのでご安心を。


死者が出るレベルではない・・・・・んですが、生活していくうえでは結構問題でした、そりゃ。
想像してみてください。
犬・牛・鼠の汚れに糞尿、あらゆる虫、スラムにおいては人の糞尿(トイレ外部にさらけでてるから)、生ごみ・なんかの生き物の死体・・・・おおおおおおお・・・・・
まぁその辺は根性でカバーするとしてもよ?
さらに不便なのは、交通面。コルカタの道はほんとにがったがたなので、この不透明な水の中歩くのは非常に危険。水の量が多くなると、車やタクシーも使いがたくなります・・・・友達の車は浸水して大変なことになってたし。
だから洪水時には、リキシャが唯一の地上での市民の足になるんですが、引っ張りだこだからなかなか見つからなくてね。不便。
そして雨季を通じて食中毒の危険性がぐんと上がります。私は二度ほどかもされましたorz



まぁ、以上は外国人としての泣き言です。
スラムでは、洪水が起きようが、大して何も変わりません。
monsoon1.jpg
子供も大人もいつもの日常を送ってます。
半分足が浸かった状態でカードゲームをするおにいちゃんsの姿はなんだか不思議だった・・・子供はなんでも楽しめる能力を持ってるっていうけど、水でばっしゃばしゃやっとりました。


じーちゃんも余裕↓
mosoon6.jpg
じーちゃんが座ってるような、ちょっと高床になってるのはイイ住まいですね。
前に写真をあげたような地面でじかに生活している人々は、壁や塀の上に座ったりして水が引くのを待ってました。
そういう人たちは、もともと家財と言えるものをあまり持っていない。ので、持ち物をすべて風呂敷っぽいものやら大きめの籠なんかに乗せて、頭の上においたり抱えたりして待つんです。



全然余裕だぜといわんばかりの笑顔↓
mosoon5.jpg
奥のおにいちゃんsがはいてるスカートみたいなのはルーンギーといいます。便利便利。


「夜には水、引くしね」
「いつものことだし。今年がはじめてってわけでもないし。」
「コルカタにようこそ、だよ」
みたいなことを、大体の人が言います。
でもそんなこといっても、やっぱ不便じゃない・・・??っていうのは、私たち外部の人間だからいえる台詞だよなぁ。
不便なのは本人らが実体験でわかってるよ。でもここが生活の場なんだよ、彼らの。


どうしてもね、自分の国の基準からいうと、色々な面が発展途上に見えます。Developmentの視点から見ても、一生活者の視点からしても。じっさいに発展途上ですよ。
ただ、それはそれとしても
無意識にどこか悲壮感を予想している部分に、気づかされた。無意識だから余計危険で、早い段階で気づけてよかったとは思うんだけど。
状態の改善の必要性があるのと、そこに住む人間がそのことに対してどういう風に感じて生活しているかは、またちょっと別の話で。
「最貧地」とか「スラム」とか「アフリカ」とか「インドの闇」とか・・・・どれだけ気をつけていても、どこかこう、私たちが無意識に求めてるイメージが言葉にこめられてる気がしてならないときがある。
言葉で凝縮された場所に、実際に人が暮らしているっていう当たり前の事実が、行ってみて実際にその人たちと話してみてやっと実感としてわいたあずささんでした。

何からも切り離して、目の前にあるものをそれとして捉える事、と
今までに蓄積してきた知識や経験を自分の見解として紡いで、現実と関連させて考えること
どちらも大事だけど
決していっしょくたにしてはいけない二つだと。私的には思った。
むっずかし。






とかなんとかいいながらあえて最後に懸念事項あげとくと
やっぱり公衆衛生的な問題は残るんですよね。
昔よりは改善されたとはいえ、食中毒とか傷口の化膿など・・・・うちの学校の子供たちにも結構症状が出てて。
インドの薬局は、箱から出して何錠単位で薬売ってくれるところもあるけど、それでもRajabazarの人たちには高いし。
うちのNGOは、ボスのビジネスのコネを使って安く薬を仕入れられるため、簡単な薬(おなかの薬とかね)の供給もしてましたが、この時期の支出は結構大きかった。
そういや、Rajabazarの医者事情は突っ込んで聞いたことなかったなぁ。気になる。



おまけ↓
hurehure.jpg
スラムではないけど、帰り道に見た光景。
なんだか、仕事柄、やるせない気分になることが多い街でもあったけど
歩いてて幸せな気分になる街でも、あったよなぁ。







===================================
ちなみに、しょーちゃんが水事情について書いてたのに関連させますと
コルカタに住んでて、水不足を日常で感じたことはないです。
浄化された水は大事に使うんですが、その辺の井戸水ならば、みんなじゃばじゃばと惜しげなく使ってるしなぁ・・・・(そういやあの井戸水どっから引いてるんだろ・・・・フーグリ川・・?しくった、聞いてくるの忘れた。)
水より、断然電力不足の方が問題ですからね。
西ベンガル州は、周辺の州に電力を売ることを優先して、自分とこの州の供給は二の次にしてるんだって聞きましたよ・・・・本末転倒とはこのことじゃよ・・・・・
おかげで5-7月はほぼ毎日、朝10時と夜10時ごろに必ず停電してたんですが、これがまたね・・・一回切れると2時間は戻ってこなかったりするんだ・・・・orzシャワー浴びてる最中とか悲惨だよほんと・・・
あぁでも、最近は個人宅でも自家発電装置を備え付けてるとこも多いですよ。今はスラムにもちらほらテレビが見られる時代だからなぁ・・・・「うちにはテレビもラジオも洗濯機もホットシャワーもレンジもない」と話すとどんな相手でも驚かれますからね。ええええええ!!みたいな。いやそんな不自由もしてなかったんだけど・・・
スポンサーサイト

[2008/08/24 22:54] IN KOLKATA(写真つき) | TB(0) | CM(2)

おおお。

生きてたのね!!!

と、今更ながらですが書かせていただきます。Facebookのほうでちょい前に知っていたとはいえホントに音信不通なんだもんよー。
いろいろ経験して将来の道筋も見つけられたようで何よりです。やっぱりすごいなぁあずささん。後期に会って話を聞くのが楽しみだ^^

そんじゃ、日本にお帰りなさい&NYに行ってらっしゃい!

[2008/08/25 11:23] コタ [ 編集 ]

生きてましたよw
音信不通あいすまぬ・・・!インドにいる間はネット使ってなかったし、こっち帰ってきたら携帯は使えないし・・・アナログ生活もどきだよ笑
五時間後には起きて空港に向かいます・・・NYは遠いわ(涙

将来の道筋なんてまだわかんないよー私は。わかったつもりにすらなれない笑。その辺はたぶん、コタの方が着実に前進してると思うわ。
回り道してしまったけど、一年遅れで背中追うから。後期会えるの楽しみにしてるね!夏休みの経験についても色々教えてください!
つか・・授業かぶるんだろうか・・・w
[2008/08/26 00:43] あずさ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mapormirror.blog23.fc2.com/tb.php/41-6f4bf10f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。