スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

leaving the city of joy  

♪so kiss me and smile for me
tell me that ull wait 4 me
hold me like ull never let me go
cuz im leaving on e jeplane, dunno when ill b bac again
oh baby, i hate to go...... ♪
n751436759_1629334_9534.jpg
This is surely gonna b one of our themesongs in India. haha.
In the photo areAnnie, Denise, me, Zoe, Hamza....Zoe was the first to go bac, Denise, then me. I hate being in the airport, waiting 4 ure friends to disappear over the gate...
but the more damn painful thing is.....↓
damn.jpg
not even being allowed to go in the airport en see ure friend disappear!!!!! SUCKS!!!!!
The day we departed was India's independence day....there were talks about possible terror attacks and stuff, so obviosuly the airport security took a lot of caution. INDEPENDENCE DAY SUCKS!!!! ( i should shut up now)
there were so many security guards with long guns en daggers (dunno how ther gonna use it against terror attacks but...) so we just gave a small middle finger to the wallpost..thats the story behind this picture :P

===================================================================
えー
ずいぶんとブログ更新さぼっててまことに申し訳ありませんorz
最後の一ヶ月、本当に時間が怒涛のごとく過ぎていくのを、カレンダーをにらみながら実感しまして・・・・
仕事と私生活どちらも一分たりとも無駄にはしたくなくてネット放置してたらこの有様でした。ほんともうしわけ・・・!!!ない!!

リアルタイムでインドのことをもっとお伝えしたかったんですが、
ためすえ、上記のとおり、昨日無事に東京に降り立ちましたorZ
仕事の方は七月中で終了し、その後インド横断の旅を実行(事情があってレー・ラダックは残念ながらスキップ)、そしてコルカタで出会った人たちとの掛け替えのない時間を過ごし、他の友達が帰国するのを見届けてから、空港で号泣しながら帰ってきたわけですね。人前で泣いたのなんて久しぶりだぜほんと
四ヶ月間、朝から晩まで、ほぼ一緒に過ごし。一緒に寝、一緒に仕事し、一緒に泣き、怒り、叫び、踊り、笑い、時には歴史や哲学まで持ち出して議論をし、政治的にアジアとヨーロッパを馬鹿にしあい(しかしアメリカは共通の批判地)・・・・人がシャワー浴びてるときにトイレ使いに入ってくるまでにいたる親密度(それもどうかとは思うけども)を構築した私たちインターンです。そりゃ感情的にもならぁな。
BFや仕事場の子供たち、歳の離れた父親的な存在の友人、兄貴的な友人やらやらやらと、離れがたい人々も加えると、コルカタを離れたくないと思う気持ちはもう胸いっぱいでした。
仕事も、思っていたよりもオフィス・デスクが多くて、子供たちとたくさんは一緒にはすごせなかったけど・・・夢を語るあの笑顔が、機会によって現実を捉えるのを、願うしかできなくて。私自身が学んだことは多いけど、なんて無力だろう!無駄じゃないけど無力さは感じた!インターンって結構、終わるときがつらい!

・・とかまぁいろいろと抱えたままで帰国してきたもんで。日本に降り立っても、驚くほど何の感動はなく笑。
日本をたつ前と後では明らかに自分の中で何かが変わったは感じるんですが、日本の光景は四ヶ月前と何ら変わりなく。政治経済が動いてるのはわかるけど、うーん、だからこそ変な感じがするというか・・・説明できない。整理できてない笑。
インドにいる間も、時間が止まっていた感覚はほとんどなかったからなぁ。焦りと前進が常に頭にあった気はします。性格かな、どこいっても余裕がないのは笑。
これからの身の振り方を決心するにいたったので、あとはもう前進あるのみですかね。長期戦だけどねぇ。




=====================================

ちょっと全体的に仕事がどういう形に落ち着いたのか、書いておくべきですね。たぶん。

仕事の方は、プロジェクト・ポストカードや農村での乳幼児ワクチン関連のプログラム、ショートステイホームのイベント行事管理やら日常の雑用、会議の出席・・・・と、思い出すと結構バラエティに富んだもので。
本で学んだこととまた違った現実がそこにあったり、ダイレクトに人と関わることで予想外の衝撃や障害があったり、自分の常識が通じない世界での立ち回りに奔走したり・・・学んだことはたぶん相当あります。
ただ残念なことに、
NGO自体の構造とキャパシティ、ボスのインターンに対する態度(これは・・・なんかいろいろとおおごとになってしまったので書くか書くまいか迷ってます)等等から、必要外なDIFFICULTYが生じていたのもまた事実で。
ほとんど放置プレイの環境の中、自分たちで仕事を探して変化をもたらそう・自分たちで知らない場所に入っていこうとした経験は、決して無駄にはならないし、それもNGOの醍醐味だからはそれはそれでいいんだけれども。
ボスがね・・・・やっぱり、ちょっと、これは、ひどかった。はは。詳しく書こうか書くまいかまだ迷ってます。個人名出さないでも、やっぱり個人のことに関わってくるからなぁ。
ただ上司からのセクハラとパワハラは、インドという異国の地で、それもあまり他に頼れるところがない場所がない状態で「なにごとも経験」として耐え受け入れる必要のあるものではないと判断させていただきたい。私たち同期は幸運なことに、お互いが居たからよかったけど・・・最初の二ヶ月とかね。結構つらいものがありましたよ。書かなかったけど。書いたってどうにもならんから。せっかく休学してきたんだもの、上司がアレなら上司に頼らずに仕事してやろうとしたたです・・・・嗚呼ちょっと強くなったんじゃね?私(独り言



で結局どうしたかというと
コンサルタント的な(というとものすごく偉そうで大層な仕事したみたいだけど、ここでは単に「第三者の立場から団体の改善をにらんでプロポーザルをする」という仕事をさすと思ってください・・・他に名前がみつからないんだ)役割からは、
将来のインターン生のことも考えた上で、
これ以上このNGOはインターンを受け入れるべきではない。
という意見をAIESECKOLKATAに提示させていただくことになりました。私一人ではなく、他インターンとの合意の上です、もちろん。
最後の半月ほどは、そのプロポーザル作りで終わりました。インターンを受け入れる体勢になるまで、TNフォーム(AIESECのNGOリストみたいなもん)からはずすようにと。もちろん、改善すべき点とその方法の提案もちゃんと具体的に挙げて。
ボスとも相当もめましたが、最後にはNGOの改善につながるということで、同意していただけました。わだかまりがないと言えばきっとうそになるんですけどね。たぶん。
自分が四ヶ月働いたNGOの門を閉めることを提案するってのは、結構私的にはつらいところがあったんですが・・・・過去のインターン生たちに連絡をとり話を聞いてみた所、かなり長いこと問題があったみたいだったので・・・。これも私たちの仕事だと思っての決断でした。
内容的にインドではかなりセンシティブな側面も含むので、AIESECKOLKATAもまじめに取り合ってくれました。

ひとつはっきりしておきたいのは、
READSというNGOがINEFFECTIVEだといってるんでは決してないんです。
コルカタのスラムといくつかの農村におけるREADSの活動は、非常に生産的です。長期的な視野でプロジェクトが続く保障(金銭的な)もあるし、数字的にも光景的にも、公立学校に進学できた子達は増えています。
草の根のレベルでコミュニティを支え、変化をもたらすよう促すという役割から言えば、非常に模範的なNGOだと、個人的には思います。
ただ、インターンを受け入れる体勢にないだけなんだ。そこが問題なんだ。残念ながら。
で、AIESECを通じてインターンをする私たちにとって、それは結構大きな問題だと。思うんだ。よ。





あとは・・・将来のインターンにいくかもしれない人が見ていることを考慮のうえで、非常に後ろ向きなアドバイスをしますと、
インドやアフリカ、どこでもそうですが、AIESECのTNフォームに書かれているNGOの内容は、多分に誇張されていると考えることをお勧めします。いやわかってたことで、結構覚悟して行った筈の私も、いざ行ってみるとさすがに途方にくれることもあったので。
できるだけ多くの情報を、個人的なコンタクトで得てください。できれば電話で。そしてAIESECのLCメンバー、団体側の人間含む数名から。インドの場合は、できるだけ過去のインターン生とのコンタクトを重要視した方がよいかと思います。その辺の話は興味あったら個人的に聞いて下さい笑。十分すぎるほどAIESECとは言い合いをしたもんで。



====================================
26日までは日本にいます。その後はNYにいろいろしにいきます。一ヶ月は帰ってこれません。就職活動どうしたって話です。
京都には事情があって日帰り状態になるかと思いますが・・・何にしろ、ためすえさんの携帯は現在、チップ失踪というなぞの事態で活動停止中なので(日本はなれる際に取り外した記憶はないので謎)、できればメールかこちらでコンタクトしてやってください。「管理人にのみ閲覧」でメアド書いてくれれば、PCアドから返信しますんで。お待ちしてます。超うかつだわーほんと・・・
あとFACEBOOK使ってる人は申請してやってください。写真はそちらに全部あげていきます。他にみんなが見れるいい方法あったら教えてください。


それでは、とりあえずはこんな感じで。
インターンの話、コルカタについて、インド旅の話、雑談やインドで考えたつれづれ・・・・などなど、これから気分によってちょびちょび書き足していこうとは思います。リクエストあったら言ってください。


じゃね、おつかれさまでした!
スポンサーサイト

[2008/08/18 00:56] IN KOLKATA(写真つき) | TB(0) | CM(6)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2008/08/18 01:32] - [ 編集 ]

おかえり。
無事に帰ってこられて何よりです。

それはさておき、君がインドに行っている間に日本の政治もかなり変わりました。
法律もかなり改正され、「飲酒・喫煙は20歳以上」という法律が「18歳以上」に変わり、
「特に21歳以上で喫煙を行っていない者には過料を課す」という法律もできました。
また「アルコールを提供する飲食店は、少なくとも10種類以上のシングルモルトウィスキーを出すこと」という法律もでき、
法曹界は騒然としております。

私の妄想はさておき、帰国おめでとう。
また飲みましょう。
[2008/08/18 03:18] 鷹野 護 [ 編集 ]

お帰りなさいませ。
お疲れ様です。
無事に帰国されたとのことで良かったです。
どうぞゆっくりお休みになって下さいね。
[2008/08/18 07:01] 利鳴 [ 編集 ]

>Ellie
thanx 4 e message girl!
cant wait to see u tommorrow!!


>鷹野
ほほーそんな横暴な法律がね!日本も終わりだね!!!(さわやかな笑顔だよ私は)
私もインドで多少喫煙したけども、なんかやっぱりだめだわぁ。体に合わないんだと思われます。の割りには私の周りは喫煙者ばかりなので困った・・なんか喫煙者をひきつける何かがあるんだろうか・・・喫煙者自体の人数って減ってるはずよね・・・?
それにしても私が不在の四ヶ月の間に禁煙・・・できなかったんだね・・・鷹野君・・・(遠い眼


>利鳴
無事に帰国いたしました!!はいいけど、東京の実家にいるもんで・・・なんかかえってきた!という気があんまりしないのが実情です。ペンタブをくれー(家の基準はそれかって話だけども)
なんだかまだ感覚的にはふわふわしてるので、もうちょっとしないと落ち着きませんね。早く日本の生活に適応せねば・・・
[2008/08/20 00:08] あずさ [ 編集 ]

お疲れゴザル。。
東京は最近涼しいからわりかと過ごしやすいと思われる。。
てかすぐNYにいくなんて姉さんカッコヨスギダゼ!なんか世界をまたにかけてる感じでサ・・・新大阪と東京を新幹線でマッタリ往復してる自分が恥ずかしくなってきたw
[2008/08/20 22:28] エイスケ [ 編集 ]

>eisuke
東京、ほんと寒いね!びっくりした!八月なのにこんなに肌寒いとか・・・・異常気象まっさかりだ・・・コルカタの暑さがなつかしいとさえ思ったものw
NYに行くのは、ただ単に親に会いにだよ笑。六月からまた転勤であっちにすんでるから・・・ずいぶんと遠い実家帰りだよなぁ。金がかかって仕方ない。

[2008/08/24 00:00] あずさ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mapormirror.blog23.fc2.com/tb.php/39-0c678dc1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。