スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Sri Lanka 

なんか、もう一つのブログの方で、随分前にスリランカとかについて書いた記事に・・・何故か今日拍手があって・・・最近スリランカの問題を読んで色々と思い出したんで、良い機会としてこっちにも。



日本の格差社会が散々強調されてる昨今ですが、
日本以外の新聞読んでると、格差ってもののイミのギャップを結構感じてしまう。
勿論日本の賃金格差をバカにしてるわけでもなく。途上国の方が大変なんだから日本の格差なんかたいしたことねぇよとか言うつもりでもなく。
ただイメージできないほどの「生きる保証」の格差がさ・・・存在するんだってさ。日本の格差でさえ実感できてないのに、こんな記事読んでもほんと想像力及ばないよ・・・と
久しぶりに新聞なんか読んでると、思い知らされるわけですよ。



初恋の人はスリランカ人でした(最初インド人だと思ってたけど)。7歳の時の話。
英国の私立小学校に息子を通わせられる彼の両親は、俗に言うところの「エリート」で。
かの初恋の人も、英国で高校まで私立学校で英才教育を受けて、今は大学で医者になるため勉強中だそう。
私はいまだに、七歳の彼が「スリランカは美しい国だよ。アジアの人たちもうらやむんだ。」と写真を見せながら言っていたのを、おぼろげながら覚えていて(そして私は「日本だって綺麗だ」と無駄に対抗した覚えが・・・汗)
スリランカって国には、エメラルド色に広がる海と、そのコの母国での豪邸みたいな家が結構沢山あるんだろうなぁ・・・ってイメージが定着してた。

でもね、歳とるにつれて、そんなんホントに単純なイメージだったんだなぁって思い知るんよね。
新聞読んでてまたちょっと暗い気分になりました。


スリランカは今、タミールの虎(LITE)ってゲリラグループ、元タミ虎のカルーナ派(政府と癒着してるっぽい)ってグループ、それとスリランカ政府が戦ってる状態にあるんです。三つ巴だよ。
戦火の為、20万もの人が、UNのテント暮らし。
いまやダルフールに次ぐ人道的危機の現場って言われてる問題の中核には、やっぱり子供兵士の問題があって。
今や奴らはUNの難民キャンプから子供さらってくってんだから・・・逃れた先の難民キャンプで、毎朝自分の子供の数を確認しなきゃいけない恐怖。寝てる間にさらわれることもあるそうです。ゲリラ側は切実に子供を戦力として欲してるんだね。
LITEは元々非人道的って知られてるけど、同様に子供をさらうわ殺すわで知られてるカルーナ派を政府が抱き込んでるってのは、もう絶望的だわ。
想像できない。

「Rajnish, 15, was dumped in a paddy field...his neck was broken and his groin peppered with bullets. A pro-Tamil Tigers pamphlet had been stuffed in his mouth. his crime had been manning a Karuna Faction checkpoint. He had been "recruited" at gunpoint four months earlier."
これ日常なんだから・・・・
想像できない・・・。

この子供兵たちは、戦力として重要なんじゃない。いわばフロントラインで散っていく役割。盾ですね。
民族的対立の重要度って、先進国の比較的裕福で平和な部分しか渡り歩いてない私には、頭では理解しても感覚的には理解できてない問題だけど、
どんな大義があろうとも、さ。子供の命こんなに軽く扱って正当化できる理由なんてどこにもないってのは普遍的価値観じゃないんでしょうか。




子供を戦争から遠ざけられないぐらいに、社会構造が弱体化してるスリランカ。
一方で、英国に子供を留学させるような、裕福な知識層が存在する、スリランカ。
地図で確認したら、思ってたより全然小さくてびっくりしたのを憶えてる。どんな場所でも、人間と金があれば、争いは起きるんだろうね。
どこの国にも、住民間の格差ってのは存在するもんだけどさ、この時代は。
こうまで違う、まるで昔の英国の階級世界ほどに違う、国内の二つの世界はさ、下側を上側に引き上げるしかないのに、政府が動かないこの状況。
政治ってほんと難しいよ。利害絡むと。







ああ。何が言いたいんだろう私。
結局どの知識も本から学んだものだったり新聞で読んだものだったり・・・受け売りでたいした解決策も思いつかない。
戦争は知らない。
でも家族を思う気持ちはわかる。
結局感情論が私を動かしてるってのよくわかる。同情ではなくて・・・自分の子供を生活させたくない場所なら、どこの母親だっていやだろうなって思うから。



これはJapan Timesの記事を見て思ったことだったんだけど、読み終わった後、思い立ってかの初恋の人(今はたまに連絡とる程度の友人)にメールを送ってみようかと思った。
彼は一体スリランカのどこの辺の生まれだったのか。そこからどの程度、このゲリラ戦が行われてる地域は遠いのか。もしかしたらすぐ近くか。
英国で育った彼は、どの程度この状態、認識してるのか。
日本に住んでてもあんまり同和のこととか知らない私みたいなのか。

帰国子女だから国際感覚があるとは思わない。
英語喋れる・外国人の友達が多い、程度のことならば、きっと誰でもできてしまう。つか私なんかは、滞在歴10うん年の友人達に比べたらもう虫みたいな英語力だからねw
国際感覚ってもんが何なのか、私もイマイチ定義できてないけど、
問題意識をもって世界における自分の位置を見つめてみることが重要だなぁって思ったのは、色んな国の人に会ってからかもしれない。
きっと初恋の人がスリランカ人じゃなかったら、スリランカの紛争問題も、一情報として頭にしまわれるだけだったかもしんないし。


結局きっかけでしかないわけで。在外経験は。
こっからだよなぁ。






*************:***************
ええスリランカどうこういってますが
実生活では・・今日はほんとに・・AIESECのトップを巻き込んで・・この年末の忙しい時期に「てのかかる研修生」を地でいきました。
SSさんも、せっかく年末でオフだというに、メールでちょろちょろ質問されて・・ほんと可哀想涙)すいませんーーー

色々とめんどいことになってます。結局ここ一ヶ月ぐらい、システム関連で何のアクションもとれなかったことになるのか。正直結構不安です。ちゃんといけるんだろうか、研修に・・・
むー、なんとかキャッチアップできるといいね。アフリカ返信お願いします。サンタさん、私今年比較的いい子にしてましたよね・・・?
スポンサーサイト

[2007/12/29 00:24] 渡航前 | TB(0) | CM(3)

通りすがりのものです。

私は目で確かめられる立場ではありません。
あずさ(AZ)さんはその立場になれる状況なんだな、と思います。

知っているだけでは他人事かもしれませんが、
知って関わってしまえば責任になってしまう、
のだと私は思います。

今は、目的の場所に行けることになれるように、祈ってます。
それでは、失礼いたしました。
[2008/01/04 15:20] 雨門太郎 [ 編集 ]

こんばんわ。コメントありがとうございます。
こんな辺境の地でも見てくださってる方がいることに少しびっくりしましたw

知って関れば、責任が生じる・・・真実ですよね。
そして、より大きい問題は、知らないでいる間も、実は間接的に責任を負う場面が幾つもあることだとも思います。
責任を負う方法は、私もいまだにわかっていませんが、
いまはより「知る」ことを、「知って」自分ができることをすることを、重要視したいとは思っています。あまりにも、無知なので。


自分の眼でみなければ気がすまない性格は、色んなところで問題も起してますがw、最大限活かしてきたいとは思っています。
それでは、また暇な時にでも是非、おいでください!
[2008/01/06 02:15] あずさ [ 編集 ]

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/grrfea/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

[2008/01/27 12:24] みんな の プロフィール [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mapormirror.blog23.fc2.com/tb.php/3-3f556cff


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。