スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

rajabazarについてと、そのほか。 

私の仕事場は、rajabazarという所にあります。
コルカタにはいくつかスラム地区があるんですが、その中でも結構大きいスラムがある場所です。

コルカタの主要言語は、ベンガル語と英語です。ヒンズー語もか。
大体この三言語をごちゃ混ぜにして喋ってることが多いです。ほにゃららとわからない会話の中に突然英語の単語が聞こえるということは、しょっちゅう。
ただ
razabarのスラム地域の人々は、この三つの言語、どれも喋れない場合がほとんどです。
ここのスラムの主要言語は、ウルドゥ語。
ウルドゥ語はイスラム圏の言葉。
rajabazarは、スラムであると同時に、巨大なイスラム教徒のコミュニティでもあるわけです。
そうであるが為にここの地域だけ浮いてしまっていることが、貧困のサイクルの一因とも言えるかとおもいます。


言語と宗教の問題は、ここのスラムの人々がバングラデシュからの移民で構成されてることとがおおきく関わっています。バングラはイスラム教徒が多くて、国境地域ではウルドゥ語がよく使われてます。
コルカタはこのバングラデシュと隣接してるんですが、やれベンガル分割だやれバングラデッシュ独立戦争だやれサイクロンだやれ洪水だ・・・と、政治・災害さまざまな問題がおきるたびに、バングラ側からどっと移民が押し寄せます。
彼らは仕事を求めて、というより、もう地元では生きるすべがなくて、街に出てくる。
でも言語がわからない。仕事ができない。ほんとにrazabarを行き来してると、ぜんぜん言語が違うことに戸惑います。私なんかどっちもわかんないし・・・・
生活にこまって、彼らは言語がわかる地域に落ち着くようになる。
こうしてスラムは縮小することを知らず、その人口密度をあげてくわけです。


貧困にはいろんな側面があるもんですが、言語の問題がこうも壁になるんだなぁというのは、ここにきてはじめて実感しました。
学校教育を受けていない世代にとっては、新しい言語を習うということは未体験のこと。
子供達も、親の言語を聞いて育ってるわけなので、第一言語はウルドゥ語です。
別にそれはいいんですが、問題なのは、英語とベンガル語がある程度しゃべれないと、政府が提供する公立学校教育に入れてもらえないこと。
教育だけで貧困のサイクルを脱出できるほど、問題は簡単ではないけども、学校教育を受けるか受けないかで、現状脱出のチャンスは大きく変化するのは確かです。
その辺を問題視して、うちの団体は作られたわけですね。機会の平等は待っていても与えられないから、働く子供達・学校に行けない子供達に、ただで基礎的な教育を、って。
ほんとに基礎的な教育しかできないことや、親の理解、それから最貧層には手を出せない(このへんとても複雑)ことなど等、葛藤はものっそい多いですが。
「公立学校に子供を入れる」のが、最大目的です。もちそのあとのフォローアップもするけども、まずSそこが使命。
そして私は今日も、業務効率化のためのsurveyとたたかうのでした。通訳がこない・・・・orz




そうだ

別にスラムの人たちみんなが、仕事もせずに路上で生活してるわけではないんですよ。スラムと一言にいっても、人々の生活レベルはかなり幅広です。
スラム=路上生活者のあつまり、ではありません。
都市部で極貧層が居住する過密化した地区のことであり、都市の他の地区が受けられる公共サービスが受けられないなど荒廃状態にある状況を指す・・・・というのがウィキさんの定義。日本の大阪にもありますね。認識されてるのか微妙なところだけど。
普通に、住居を持ってる人ももちろんいます。
たまに歩いてると、制服を着た子供達がでてきたりもします。これはうちの団体が送り出した子供達の確立が高いです。
肉屋とか八百屋とか、仕事を持って働いてるおっちゃんらも多いです。
笑顔でアイスクリームにぱくつく子供達に挨拶されたりします。
一方で、路上で裸でゴミをあさる子供もいます。
骨と皮のような体にぼろのようなサリーをまとったお母さんが、地面に座りこんでいたり。ゴミ山のすぐ横で寝ている人がいたり。
雨季が来たら確実に浸水するとおもわれる路上の住まいには、ドアも壁もありません。

貧困の中にも更に度合いがあるということを、毎日目にしています。
雇用はあるにはあるけど、スラム地域全体のニーズを満たすものではない。賃金だってもちろん最低レベルです。
スラムは不滅のような気がしてくるけども、確実に未来は細く細くなってるんです。






”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
まじめなことを書こうとするたびに、破綻するなー・・・わかりにくくてごめんね。ちゃんと言いたいことは伝わっているだろうか。何か質問とかあったら聞いてくださいね。
私は本日仕事がお休みだったので、来週末ダージリンに避暑に行く計画を立てに、鉄道予約局までいってきました。あほみたいに歩いた・・・・暑いのにご苦労さん自分。
こっちにいる間、平日はスラム、お休みの日はできるだけ一人で旅をしようとしてます。先週末はsunderbanというマングローブ地帯にでかけてきたとこだし。真っ黒というか真っ赤になったぜ・・・・

夜は主に読書してます。英語の本しかないので英語で。
フィクションの場合も多いんですが、中国人のgaryがバングラデッシュからグラミン銀行の資料を大量に持ち帰ってくれたので、最近はそれを中心に勉強してます。
テレビもネットもないからね・・・本読むしかねぇのんよ・・・・
まぁ半年間、大学での講義を受けられない分、ちょっとでも勉強らしいことしとかないとね・・・日本帰ってウラシマ状態もかなしいしね・・・



明日はフランクがドイツに帰国。短い共同生活だったなぁ。
いろんな人がいったり来たりするトレイニーハウス。次はギリシャからの男が15日に到着予定。
いろんな出会いからいろんなことを学んでます。
スポンサーサイト

[2008/04/29 21:23] IN KOLKATA | TB(0) | CM(4)

相変わらず元気そうで何よりです。
そして日本語グッジョブ。
読みやすい(笑)。

さて、こちらは毎年恒例となりつつあるブログ閉鎖の時期が来ました。
ゴールデンウィーク真っ最中というお茶目な時期ですが、まぁ。

再開時期は未定ですが、何卒これからもよろしく。
[2008/04/30 02:21] hira [ 編集 ]

頑張ってるやん。
今年のゼミは新快速くんがコメントしてたように、ほんまに熱心やわ。みんな本を真面目に読んでくるし。ボクはあまり読めていませんが…。
ぜひ後期から参加すべきですよ!やっぱりインドでの経験を伝えたらそれだけで他のゼミ生、特に三回生へいい影響与えると思うし。このブログのどこかにもそんなこと書いてあったと思うけど…。いい影響を与えること、これはあなたの義務です(笑)
えらそうに書いてしまいましたが、それはさておき当たり前やけど教育って重要やねんね。ボクの性格からして教育と経済発展の関係ってどうなんかなって思うわ。やっぱりはっきりした相関がでてくるのかな。また範囲の広さ(国、都市、コミュニティ)での違いとかでは?今度ヒマ見つけて調べてみます。
ではまた。次回の報告待ってます。おなかこわさないように!

[2008/05/01 01:47] TOKUDA [ 編集 ]

イスラム圏かぁ…。いろいろ問題が複雑に絡まりあってたんだ…難しい。。やっぱ自分たちの言葉には誇りもあるだろうし、言語教育っていっても抵抗とかあるのかな。。周りがヒンドゥー教のコミュニティーだったらそういうのが余計強まりそうだよね。でもアイデンティティー保ったままでの支援っていうのを見たら、周りの地域の人たちは…自分たちもそんなには豊かじゃないだろうし、反感持ったりもするんだろうか…とか考えちゃいました。うーん…何の知識もないのに空言ばっか書いてごめん(><)けどほんとに日々葛藤だろうね。。

恥ずかしながら、スラムって家を持たない人たちの生活区を指すのかと思ってました(..;)勉強になりました。。またいろいろ状況教えてね!
[2008/05/03 02:25] frais-des-bois@u01.gate01.com iyo [ 編集 ]

>HIRA
またブログ閉鎖ですかwww?また私の知らない間に何かあったのか・・・・!?!?
更新楽しみにしてたのにー。唯一の生存確認手段じゃんw
またちょくちょくこちらにも顔出してくださいね。就職活動も終わってだいぶ余裕も出たんじゃないかと勝手に思ってるんですが、どうでしょう。
そしてここ最近英語でしか話す・書くことをしてないんで、日本語書くのが億劫になってきたよ私は・・・・



>TOKUDA
いい影響ww今は与えてもらってる方が強そうですわ・・・・自分の力量とかコミュニケーション力の問題で、まだまだ団体側にギブバックできるレベルには達してないけど、もらったものはアウトプットできるようがんばってみます。
教育と経済発展の相関は、残念ながら地域によってばらつきがあるんですよね、やっぱり・・・ケーララなんかは教育普及率はインドでもトップを争うぐらいなのに、成長率はインド最低を争いますし。
質の問題や政治状態(ケーララは統治勢力がコミュニスト)も大きくかかわってきます。
それでも、教授の名前思い出せないんですけど、貧困の連鎖から抜け出す唯一の方法が教育だっていうスタディも出てます。
教育が彼らの人生にどう影響を与えるか調査するのも今回のSurveyの目的でもあるんで、またひと段落したら書きますね!

>IYO
スラムってほんとに一言で言い表せないんだよね・・・・RAJABAZARも、イスラム教徒が多いっていっても、中にはヒンドゥー教徒がいたりジャイナ教徒がいたり・・・・女の人はベール着てるか着てないかで見分けつくけど、男性はちょっと外見じゃ判断できなかったり。
色んな宗教が混ざってて、NYなんかより全然ポプリポットだと思うわ。意外と宗教同士の対立は日常ではないんです・・・よく衝突起きないよなぁと思う。
もうちょっとコミュニティに私の存在が浸透したら、スラムの家庭にお話し聞きに行こうと思ってます。いよが上で言ってるようなことも、実は内心感じてるのかもしれないし・・・外からじゃ、わからないことがやっぱり多いだろうと思うので。

[2008/05/06 15:23] あずさ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mapormirror.blog23.fc2.com/tb.php/26-4c3b7736


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。