スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

OBさんのお話などなど。 

関西AIESECが一同に集まる、OBOG会(兼懇談会)みたいなものに参加してきました。
情報があまり入ってこない状況が多少不安だったので、これはチャンス!と思って。


やっぱりというか何というか、
どの研修生さんも、独自の動機や大切に思うものを胸に、様々な国に行かれて・・・
その後の進路も、多様です。
社会人になられた方もいれば、進学した方も。進学しつつ国連インターンしたりとか。社会人になった方の中でも、業界は様々。
一見、研修とか開発とかとは全く関係なさそうな位置にいても
ものの見方とか世界との関り方とかに、出るもんなんだな。というのが、今日一日の一番の収穫でした。
そういう意味で、この研修の意義を再確認。



トルコに行かれた一人の先輩の言葉が、非常に印象的だった。この方は、オーラからして何かが違ったんですが。
研修に行って、視野は広まったけど、その分世界は狭くなった気がする。だそうです。
そして
全く縁のない土地で、かつて戦った国の人と、同じ思いをもって働けること(この方は、トルコで中国人の研修生と会ったそうだ)、それがどれだけ幸せなことか、考えさせられたって。
そっか。。。
ビジネスでならいくらでも繋がるんだけどね、この世界。
なかなか、広い意味での消費者としての個体同士で繋がることって、難しい。
宇宙船地球号とかそういう内容と対処法曖昧だけど綺麗に聞える標語が、私はあまり好きではないんだけど(自分への戒めとしても)・・・今ある状態への実感を通して、世界を狭く、自分のものとして考えられたら・・・幸せだな。それは。
同時に自分の限界みたいなものも見えてくるんだろうけど、それがなきゃ「こん畜生」と思うこともないってことで。


他にも勿論色々収穫が。
「伝えていくこと」に重きをおく気持ちとか
「横一列でよーいどん」な日本的なやり方に染まらなくてもいいんじゃないかとか
人として何ができるか、をめぐる心境とか
0か100かではなくて、体験はどこかで枠を超えて役にたつものなんだから、とか・・・
進路とか。←重要。

たぶん第三者的にはなんのことやらでしょうが、
個人的には、自分の気持ちがちょっと整理されていくのを感じました。
自分の頭の中で考えていたことを、この人達は実体験を通した口から発してるんだ。と思うと、少なくとも方向性的には、自分の思ってることと違えてはいないかな!って。
勿論、OBの言うことであっても目的も経歴も違う他人なんで、そっくりそのまま吸収するものではないけども
ものの見方とか、柔軟な方が多いので。
参考になりました。私はやっぱり、まだまだ頭堅いわ。


インドに関しては、カルカッタに行かれた方があまりいらっしゃらなくて・・皆さんバローダとか、農村中心。
都市部のインドはかなり色々問題があるらしいですが、望むところだかかってこいよ・・・
あまり相手にしてもらうことを期待しないで行ったほうがいいよ、という方々からのアドバイス、肝に銘じておきます。とりあえず空港に迎えにきてくれてればめっけもん、らしい(空港への迎えが原則らしいんだけどもね)。研修台無しにされるようなハプニング以外は、短気を起さずに・・が・・・がんばるよ・・・(←短気
適度に緊張して適度になんとかなるべや精神でいきましょう。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
しっかし
会場見渡して、あーほんとの大学生だけで運営してる団体なんやなぁ。という妙な実感が・・・いやそりゃ前から知ってはいたんだけどね・・・
凄いなぁ。
AIESECを選んだ理由としては、まぁ友達が多かったっていう単純な理由とw、
学生として学生の運動を使って、また下の世代に情報として貢献するのも、今しかできないことかな。と思ったからで。
ので、これで私がインドに行ってホームシックのあまり欝になったりしたら笑えます。いや笑えない!全然笑えない!



素敵な機会だったので、また続けてくれるといいな。
OBにとっても、研修の話をできるバがあるのは素晴らしいことだと思うけど、何といっても研修候補生にとっても、これはとても貴重なバだと思うので・・・

そうそう、他大から研修にいかれる候補生二人にも出会えました。
現地での現金管理とか、やっぱり疑問に思うとこは共有してるようで。w 研修に向ける意気込みも、共有。
お互い頑張りましょう!

スポンサーサイト

[2008/02/17 16:41] 渡航前 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mapormirror.blog23.fc2.com/tb.php/11-4372cf66


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。