スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最後の学祭 

bonf.jpg
学生生活最後の前夜祭に行ってきました。
在学中、ほとんど興味を示さなかったというのにね。「最後」って言葉に踊らされる、そんな私。

ゼミが同じの中国からの院留学生の友人は、前夜祭というものに感動してました。そして相撲部のまわし一本での開脚ダンスに全身で拒否反応を示しておりました。私は相撲部男子が細いことに衝撃を受けていました(そこなんだ)。もっと食べなさい・・・!!!勝ちたいんやろ・・・星とりたいんやろ・・・!!
がっつり昭和な感じの応援団とか、くま●寮の赤い旗の人たちとか、相変わらずですね。
今年の学祭スローガンは、「失った常識のかわりに」。
去年の「単位よりも大切な何かを求めて」や、その前の暫定テーマの「超意欲的NEET」に比べたらインパクト薄いしつまんね!と思いますが、その感覚がもう常識失ってる証拠なんですかね。なんですね。東京の友人たちの反応で悟りましたとも
あーなんか好きだなこの学校!いや別に酔ってないよ!!!酔ってないけどすがすがしい気持ち悪さというか変態くささというか、あるよねそういうの・・この学校・・・いや褒めてるんですよ。


そんな中、わたしは酒に酔いました。
うちの大学の前夜祭には、「教員酒場」というものがあります。
教員がタダで日本酒をふるまってくれるという、その名の通りうちの大学らしい素敵空間なんですが、
毎年この教員酒場の周辺には酔っ払いがたくさん生み落とされます。学校の構内で。素敵すぎるでしょう。
私も、わけあっての連日の徹夜+日中のバイトで体力が限界に近かったのと、教員が配る日本酒が思ってたより強かったので、結構足に来て・・・とか言いつつ三杯も飲んでたらそりゃくるわって話ですけど・・・教員に「自分強いなぁ」言われましたからね。はい、よく言われます!!!!
寒い中、時間気にせずお酒飲んでほわほわへらへらと笑ってる夜ってのが、まぁね、学生特有ですよね。
ちょっと人より長く楽しませてもらった学生生活だったけど、いよいよ終わりにさしかかってんだな、と、ボンファイアー見ながら哀愁に浸りかけたんですが
友人がべろべろに酔っぱらっててそんなに浸りきれませんでした。酒は飲んでも飲まれるな



余談ですが、日本酒がわかるようになりたい今日この頃です。
ワインとかビールとか洋酒ばっかで、焼酎とか日本酒とかわからず。
でもゼミの教授との会話で、海外の方と接することが多くなるなら、自分の国で作られる酒薦められるようにしとかないとね、みたいな事を言われ、ごもっともです!となりました。
来月もシンガポールに行くんですが、その時に友人のお宅にお世話になる予定なので、なんか持ってかないとなー・・・
誰か、私よりも酒が強い自信のある人、私の日本酒トレーニングに付き合ってくれないかしらん。



=======================
来月の予定がなんとなく決まりまして
17日夜    シンガポール着
21日夕方  シンガポール発 
同日 夜   バンコク着




1月9日 ホーチミン発 

となる予定です。
バンコクからは、陸路でラオス→カンボジア→ベトナム(ホーチミンのみ)となります。
まぁ、陸路の混み具合とかね、いろんな遅延とかね(3時間電車・バスが来ないのは当たり前と見積もった方がよい)、予想外なつまらなさとか面白さとかね、そういう、予定には組み込めないものがたくさんあるので、詳細は決めてません。気ままに行きます。
ただ陸路で入るときの面倒事は避けるため、大使館でカンボジアのビザだけはとって行こうかなとは思います。飛行機なら空港で買えるんだけどねー・・わいろの交渉すんのめんどいんだよ国境で・・・ちゃんと給料もらって働いてる人たちと賄賂交渉するのあんま好きじゃないもんで。
でカンボジア大使館に、木曜朝(東京に一時的な用事でかえる日)に申請したらいつとりにいける?って電話したらがっつり昼休み中で電話つながりませんでした。ひるやすみとかあるんだ・・・・!!!
あとで折り返し電話したら、次の日にはとれるとのことでした。



いまんとこ懸念事項は、往復便が北京経由のトランジット便だということ。
買ったときは思いが及ばなかったんですが、北京とか・・・雪で・・よく飛行機止まってるよね・・・?大丈夫かなー・・もう今月のはじめで、雪で11時間とか遅れてますからからね。雪での飛行機の遅れとか、自然災害のようで人災の部分も多いとは思いますが・・・こりゃベトナムで帰国便を早めることになるかもしれないなぁ。
授業の事さえなければ、別に空港で泊るぐらいなんでもないです。時間さえ許せば本とコーヒーさえありゃ比較的どこでも生きていけるよ私は(結構贅沢な要求だといま書いてておもいました)
うー二日以上止まることはない・・と信じたい。
ま、
旅って、時間の制約があるから、帰る場所があるから、旅でありえるもんですから。その辺は割り切って、楽しめる余裕をもつしかないな。本は余分に持っていこう。
旅行のプランを立てる楽しみの中には、持っていく本選びの楽しみも入っています。
スポンサーサイト

[2009/11/22 00:34] 未分類 | TB(0) | CM(0)

簿記、朝はやすぎる 

ここ数日の私の燃料↓
mugcup.jpg
二代目ムーミンカップ。一代目は先日ひびが入ってお亡くなりになられたので、LOFTで全く同じものを後継ぎに買いました。
もうだいぶ寒くなってきてるので、コーヒーがなくてはいきていけません。
しかもここ数日は、やることたまってて夜早々に寝るわけにはいかなかったので、余計に豆の消費量がやばかった。身体に悪いんだろうか。

苦いコーヒー飲みながら、インド行ってる間はあまーいあまーいあまーいお茶ばっかで大変だったことを思い出した。
あれはあれで、疲れてる身体には沁みるんだけどね。暑いときは熱い飲み物の方が体温調節できるし。
でも私は基本的に、熱い飲み物には砂糖入れられないんで。。。なんでか。




=========================

本日簿記三級受けてきました。山の上の学校で。


周りが二週間でできるとかいうからほんとに二週間前からはじめたら、まー意味不明なこと意味不明なこと。なめてた!簿記をというより周りなめてた!
自分が、人の三倍やって人並みに物事ができるようになる人間だってことを、ともすれば忘れがちです。いかん。そしてこの手の検定は、詰め込んで資格の形だけとっても何の意味もないってことも忘れがちです。いかんいかんいかん。
精算表の書き方どうこうよりもまず、日本語がわからないっていうとんでもない問題から入りましたからね。償却って何・・?累積・・・?繰り上げ・・・って・??みたいな。
結局全然用意不十分なまま本番に挑んだんですが、神様もそんな怠けものの私をあまやかしてくれる気はないようで
問5(一番配点が大きい問題)の、最後の最後で計算が合わないというラストを迎えました。まーぢなーいわー
素で背中側がざわっ・・・としました。なにかが・・・なにかがおかしい・・・なにかがかみあわない・・・!みたいな。なにかってそりゃあんた計算なんですけども
あれーあれーとか思いながら精算表の網目をひとつずつ洗うんだけれど、結局どこに引っかかった数字があるのか気づけないままタイムアップ。ちっ。
実生活で整理整頓苦手だって自覚はあったけど、ほんとアレですね、こういう細かいルールに基づく整理っつーんですか、そういうのほんと無理なのね私。ずぼらーです。
ほかの箇所は、まぁなんとか・・・なったんじゃない・・・か・・・と思うので、部分点でなんとか乗り切れてるとうれしい。
落ちてたらまた一から受けなおします。
胸をはれっ。。。。手痛く負けたときこそ胸をっ・・・・!!とカイジの声が聞こえてくるぐらいいま私は眠いんですが
胸はれないよさすがに!!簿記三級落ちたら!!



何回か過去問といてくと、パズル感覚でちょっと楽しくなってくるんですけどね。完全にゲーム感覚ですね。
でも合否かかってるときにはさすがに楽しめねぇよぃ。
なんか・・厳密に点数が出るたぐいの試験って、ひさしぶりだ。だから怖かったのか。
学部の試験は論述ものばっかだから、正しい答えに行きつくっていう視点を忘れがちだからなぁ。なんか、物事の姿をとらえる・・・っていう漠然としたイメージで答案書いてることが多いので。私。

でも改めて、試験とかテストとかいうものの空気自体は、好きなんだなぁ自分。と確認しました。
あの、がっ!って集中する感じですかね。全身のマッスルがピーン!みたいな。マッスルないけど。
眉間あたりに神経が集中する、周りの音が聞こえなくなる感じが、普段のらりくらりと生きてる私には、めったにないことなので。
でも、これが数学の試験とかだと、最初から最後まで背中に「やりたくない」「嫌い」「逃げたい」「おうち帰りたい」「落書きとかしたい」という、ザ!後ろ向きな思考がのしかかってきて、全然集中しないんですけどね。


========================================
とらぬ狸の皮算用だけど、もし合格してたら、次の試験どうしようかなー・・・簿記二級よりもとりたい試験が二つほどあるんだけど、そっちの勉強しはじめるべきか。
「資格」自体は結構どうでもいいんですが、なんか、知らないことがたくさんあるなぁって気づいて心細くなるたびに、じゃー知ればいいじゃんとどっかから答えが帰ってくるから・・・

とりあえず12月7日が合否発表らしいので、無事に合格できてるように祈ろう。



========================================
そんな私は今、絶賛短期バイト中です。12月にシンガポールに行くのでその資金稼ぎ。
一年以上ぶりに、インドで働いた仲間のデニースとシャロンに会いに行ってきます。
二人とも就職がきまりました。よく名前を聞く外資コンサルと、社会企業家を育てる会社。
なんだか二人とも、「あぁ、しっくりくるね」と思う進路に足を踏み入れました。私もそう思われるといいんだけど。
去年コルカタの空港で別れた時、次会う時はきっとそれぞれ別の道を歩んでるけど、同じようなことを目指してれば、またどこかで必ず道がクロスするはずだ・・・だからdont say goodbye, we say hello!ってあほみたいに歌って別れたんですが、
歩みはじめとはいえ、今回はその一歩めのHelloだなぁ。
これから先、たぶん、goodbyeよりもhelloの方が多くなる。というか、多くしていきたい。と思います。
楽しみ楽しみ。
詳しい日程決まったらまたこちらで書きます。とりあえず17日関空OUTのシンガポール着と、帰りの便は決定。
でもシンガポールからどう動くかは、まだ決まってないので。いきあたりばったり。
両親が日本にいないもので、正月日本にいてもさびしいし。周りみんな実家かえっちゃうし!友人たちと旅先で過ごすのも初めての経験だけども、何だって楽しいさ、風邪さえひかなきゃ。



バイトはといえば、銀閣寺道で飲食やってます。お菓子屋さんなのでみなさん、彼氏彼女友達両親連れてくるといいです。
朝九時に二時間かけて庭の落ちもみじを掃くのも、最初こそだるかったものの最近では楽しんでます。こういう環境で暮らしていたら、性格が少しはマルクなりそうだ
・・・もみじ、もう赤いですよ。

[2009/11/15 22:22] 未分類 | TB(0) | CM(0)

さぼりすぎてました 

なんかもう、あまりにも長い間日記を書いてなくて、もうもはや書くタイミングを失っていた今日この頃。です。
ちょっといやなことがあり・・インド関係でごたついてた相手があることないこと吹いて回ってるらしく、色々とショックだったり・・・・ここの記録ももう消そうかなとか思ってるんですが・・・・でも自分の葛藤とか思考は、時間をたって見ることも大事だと思うし・・・・でもつい最近もゼミの後輩に「ブログ見ました」とか言われて、どこまでの人が見てるのかわかんないってのも改めてどうかなと思ったり。。。最初からわかってたこととはいえ。




=====================================
無事に内定式も終わって、これで正式に内定者とあいなりました。
「私は●●大学を卒業できなかったら内定取り消されることに同意します」という誓約書にサインする手が震えそうでした。約束はできない(しよう
ある程度ドライな関係が好きな私には、非常につきあいやすい同期だなぁと思います。
これから大きなチームとして同じ目的のために時間を共有していく同期は、それぞれの個性は全く異なれど、一緒にいて無理してる感じがまったくない。
人事はやっぱりプロであります。


個人的に非常に感動したのははなしをひとつ書いておくと・・・
内定式のあとの懇談会で、CEOとお会いする機会あったんですが(・・・まだ私会社の身内じゃないからこういう時は普通に尊敬語でいいんですかね・・)、今後半年間どういう風に過ごしたらいいんでしょうという会話の中で、読書を勧めていただいたんですね。経済書とかじゃなくて、普通の読書。教養としての読書です。
誰かが「お勧めの本はありますか」と聞いたら「たくさん読みすぎてわからない」と笑われて、それでその話は終わりになったんですが・・・後日、人事から内定者各位にメールが来まして。
そこに、CEOからのお勧めの一冊が紹介されていました。正確には、本一冊と映画一本。
なんか・・・
私、このことを、何年たってもおぼえてる自信があります。うまく気持ちをあらわせないのがもどかしい・・・
ちなみにその本は、本当に経済とか仕事とか全く関係なく、英語が非常に美しい小説でした。



個人的にも色々と本は読んでいるけれど、やっぱり自分で選ぶと偏りがあるから、色々と人にお勧めの本を聞いたりしてます。
本読む人は、ぜひ、教えてください。
私個人は、ノンフィクションでいくなら「巣鴨プリズン13号鉄扉」が、小説でいくなら「inheritance of loss」が、漫画でいくなら「カイジ」が、映画でいくなら「モンスーンウェディング」が最近の中では印象的でした。
お時間あったらぜひ。

=======================-=================
そんなこんなですごしてきて、もう11月なんですね。
まだ11月のはじまりではあるけれど、ちょっとした瞬間に来年のことを意識します。
社会人だと手帳はこんなんでいいのかな・・・とか。
本屋で好きな本探してるときも、いやいやもうちょっと仕事に役に立つ本読んだほうがいいかな・・・とか。
とかいいつつ、結局好きなもん買ってるんですけどね。
自分のペースというか、自分の心地よい空間を守っていくってことが、どれだけ特別なことなのか、私にはまだわからないけど・・・バランスをうまく保つって意外と簡単じゃないもんだな、ということは、最近感じています。


そんな、自分でも働くっていうことの具体的な手ごたえを感じないまま、今日は就職活動OB(?)として、OB訪問されてました。まだ・・・まだただの内定者なのに・・・
みんな悩むよね。あおられてるしね、かわいそうに・・・今年の就職活動生は早い時期から顔が暗い
気がする。

彼女と話ながら去年のことを必死に思い出してたんですが、
あんなに去年の冬、自分の将来とか自分がやりたいこととか自分のポテンシャルとか、いろんな自分と今後にまつわることを、悩んで悩んで悩んで悩んで顔面神経痛にまでなったというのに、なんかすこーんとすべて抜け落ちちゃってる自分が信じられませんでした。何あれ、どこいったのあの思考の塊は。
結論に達したと思ってたけど、時間の流れの前で結論なんてなんて不確かなもんだろうね。つかまぁ、就職活動の結論なんて、就職決まった時点で過去の遺物ですからね。
そういう意味では、同じことの繰り返しが永遠に続くんだけど・・・「これでいい」と思える瞬間がまだ遠い以上、まだまだ奔走するしかないな。


それにしても下の子たちと話すと、刺激になります。
心強いし、自分もしっかりしなきゃと思えてくる。


====================================
ほかに色々書くことは思いつくけど、近況報告を手短にすますなら、とりあえず、思ってたより最後の学期が忙しいです。予想外です。もっとゆったりとバイトとかして旅とかばっかして・・・みたいな自由なイメージだったんですが?!ちょっと、話がちがう・・・いやでも、肉体的には全然忙しくないのか・・むしろ運動不足・・・
最後の学期なんだからがっつり勉強したったど!という感覚がほしいな!と思って入った国際機構法のゼミが、結構忙しいけど楽しいです。国際投資の仲裁例について勉強してます。人数8人でほそぼそと。
毎回100ページ強の英語文献にはため息が出ますが、小説とかでは補えない硬い文章を理解する力がだいぶ衰えてきたと思ってる最近だったので、ちょうど良かったかなとも思う。コツもだいたい思いだしてきたから、期末までには少しは力がついてるといいです。

あとは簿記が今月真ん中にあって。
できたら年末旅行に行こうとおもってますが、資金が・・・!!しーきーんがーー!ほんと燃油代とかいらんわー
そして最近はまっているものはカイジです。あの漫画に出てくるセリフはいちいち突き刺さってきます。
そんなかんじの毎日です。
[2009/11/01 03:39] 未分類 | TB(0) | CM(3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。